ハチの危険性

ハチの巣駆除での注意

スズメバチの仲間は、非常に攻撃性が高く、ミツバチのように一度刺しても死なないことから、襲われた場合、時には死に至るほど強力です。大きな被害にあわないように、早め早めの対処を心がけることが大切といえます。スズメバチの巣は徳利上の大きなもので、バスケットボールを超えるほどの大きさになります。ただし、スズメバチの巣が大きくなるのは、夏から秋にかけて、来季の女王蜂を成長させていく過程でのことです。この時期にスズメバチの巣を駆除しようとすると、猛烈な警戒心と攻撃性で危険が強くなり、被害が発生しやすくなるわけです。そのため、駆除を行うのであれば、できるだけスズメバチの巣が小さいうちに行うことが肝心になってくるわけです。

巣が大きくなった場合には委託

スズメバチの巣が大きくなった時点で、駆除しようとすると、すぐに働き蜂たちが旋回をはじめ、威嚇音を出し始めます。これは、これ以上近づけば攻撃を加えるという前触れであり、この音を聞いた場合には、大きな音や必要以上のスピードで動かないように、そっとその場を離れることが重要です。そして、しっかりと準備をしてから駆除作業を行うことです。それでも、その巣が大きな場合には、専門の業者に委託することが安全に駆除を行うためには、良い方法といえます。専門業者は、駆除に必要な道具をそろえているため、より安全に駆除が可能になっています。さらに、スズメバチの習性をよく知っていることから、事故が起きないような駆除を行ってくれるので、安心して任せられるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加